白えび屋 白海老屋
  • 販売店舗のご案内
  • 飲食店舗のご案内
  • 商品紹介
  • 富山湾あれこれ
  • ご注文・発送について
  1. Home
  2. 富山湾あれこれ

富山湾あれこれ

富山湾は、北陸地方北東部に位置する湾で、日本海では最大の外洋性内湾です。
日本の湾のなかでも、水深の深さと魚の豊富さで知られており、春と冬には蜃気楼が発生することで知られています。
イメージ
雨晴より立山連峰の日出
3000m級の立山連峰から急流河川が富山湾に流れ込む。
また富山湾は大陸棚が狭く、陸の近くから急に深くなり、深いところでは、
1000mにも達し、魚介類の宝庫となっている。(氷見市)

イメージ
蜃気楼
4月~6月の暖かくて風の弱い日に現れる。春型と冬型がある。
富山湾で特に観察されるのは、対岸の景色がよく認識されるからであろう。
全国から多くのファンが観察に訪れる。(魚津市)

イメージ
幻想的なホタルイカ
胴長約6cmほどの小さな個体は、その名の示すとおり、ホタルの
ように青い光を放つ。4月~5月に、200mの深海より産卵のために富山湾沿岸
に押し寄せる。(滑川市)

イメージ
氷見の寒ブリ漁
富山湾の冬の味覚の代表格とも言える、ブリ。コズクラ、フクラギ、ガンドと名を
かえながら成長する出世魚。体長1mを超えるものは大ブリと呼ばれ、高値で
セリ落とされる。(氷見市)

白えび屋 ページの先頭へ