白えび屋 白海老屋
  • 販売店舗のご案内
  • 飲食店舗のご案内
  • 商品紹介
  • 富山湾あれこれ
  • ご注文・発送について
  1. Home
  2. 飲食店舗のご案内
  3. 東京「富山白えび亭」

飲食店舗のご案内

元祖白えび天丼 富山白えび亭
イメージ
住所 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目9−1
東京駅地下1階「東京駅一番街」南側
アクセスマップ
電話番号 03-5223-0525
営業時間 10:00~23:00(22:30ラストオーダー)
定休日 年中無休
(但し年末年始17:00閉店とさせていただきます)
開業日 平成28年 11月下旬

本物の白えびを食せる 元祖白えび天丼の店。
富山産こしひかりを使用した、各種どんぶりをご用意しております。観光や出張などで東京にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
みなさまのお越しを心よりお待ちいたしております。
当店のこだわり
白えびお刺身は、全て手むきです。
白えびお刺身は、全て手むきです。
白えびのお刺身には手むきと機械むきの2種類があります。
機械むきは安価で大量生産が可能ですが、ローラーで殻をつぶし、その殻を水で流して取り除くため、
加工過程で白えび本来の甘みや食感が大きく損なわれてしまいます。
当店では富山湾新湊から、毎朝一匹一匹丁寧に手むきしたお刺身を直送しております。
白えび本来の上品な甘みや食感をお楽しみください。
お醤油はほんの少しが美味しいと思います。
※クセがないので、そのまま食べられる方もいらっしゃいます。
白えび天丼(天ぷら)
白えび天丼(天ぷら)について
白えびは淡白な甘みと、外見の美しさが特徴です。
ただその淡白な甘みゆえ、他の食材と合わせて調理したり、衣を多くつけると、
白えびの味が他の食材に負けてしまいます。
もちろん掻き揚げにしても美味しいのですが、当店ではできるだけ白えび本来の味を出せるよう、
衣や味つけは極力少なめに、白えびだけを贅沢に使った天丼を提供しております。
お米は富山県産コシヒカリを100%使用しております。
驚くべき白えび
驚くべき白えびの栄養価について
駿河湾の桜海老と同様、白えびは殻ごと食べて美味しい魚です。
この為、カルシウムの摂取量は桁違いに多くなります。
殻ごと食べた場合、甘エビなどの海老類の20倍~30倍の摂取量となる計算です。
骨粗鬆症などの予防に最適な食材です。

もう一つこの殻にはキチン質という繊維も多く含まれており、糖質、コレステロール、
塩分などを体外に排出する効果もあります。糖尿病、高脂血症などにの予防にもなります。

また、コレステロール値を下げるEPA・DHA、タウリンなども豊富に摂取できる食材です。
毎日白えびを食べて、病気知らず、疲れ知らずになってください!

お品書き
丼メニュー
アルコールセット
単品メニュー
アルコールメニュー
お持ち帰りメニュー
アクセスアクセス
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 東京駅地下1階「東京駅一番街」南側
メニューは季節によって変更される場合がございます
白えび屋 ページの先頭へ